スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたのお勧めアニメってなあに?

作家の名は、束芋


「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」様の『☆企画 あなたのお勧めアニメってなあに?』に乗らせていただこうと思います。

冒頭の一文からもお分かりいただける通り、かなり特殊な位置にある作品(群)です。
おそらくは、普通に“アニメ”と言ってこれを思い浮かべる人はそうそういないかと思います。
そして、私自身も実はまだテレビごしに一部しか見たことがありません。


私がオススメしたいのは、
束芋という作家さんの作品。

先日NHKの「日曜美術館アートシーン」で紹介された、
横浜美術館で開催中の「束芋-断面の世代」展を見て知った作家・作品です。
横浜美術館「束芋-断面の世代」ロゴ
《にっぽんの台所》、《にっぽんの通勤快速》、《公衆便女》など、現代美術家・束芋(たばいも)は、日本の現代社会の断片的風景を、独特の感性で描き出し、そのアニメーション映像を空間的に構成するインスタレーションで世界的評価を受けてきました。
(中略)
30代半ばを迎える束芋が、本展でテーマにするのは、自らの世代感と世界観そのものです。近年の作品で束芋は、現代の典型的イメージをつなぎ合わせるような作風から、指、髪の毛、内臓などをモチーフとする、より内的な作品へと表現の幅を拡げてきました。本展で束芋は、そこからさらに展開し、自分を取り巻く世界、昭和を知る最後の世代である同世代の感覚、異なる時代に生きた同年代の人々を見つめ直し、新たな作品世界を切り開いていきます。
 本展では、そうした束芋自身をめぐる世界が、集合住宅という形で象徴されます。同じ間取りの部屋に、全く異なる生活が連なっている集合住宅。そこに包丁をいれるように、束芋は集合住宅の「断面」を切り出し、現在と過去が渾然一体となった様々な人生をえぐり出していきます。続く作品群では、人や自然といった生ある物の「断面」へと踏み込んでいき、より深遠な世界像を結んでいきます。
(略)
(横浜美術館「束芋-断面の世代」展[展覧会趣旨]より引用)


それで、なぜこんなまともに見たこともないようなものを取り上げたのか。
一つには、私自身が見てみたいと思ったから。
残念ながら横浜には行けないんですが、
2010年7月10日~9月12日にかけて国立国際美術館に巡回されるのが今から楽しみで。
ここまで惹かれた作品は久しぶりなのです。

それから、もう一つの理由。敢えてピッコロさんの企画に乗る形で取り上げるのはこれによるところが大きいです。
それは、
これを取り上げる人はたぶんいないだろうな、と思ったから。
別に知っていることを自慢しようとかそういう意図はありません。
ただ、一般的なアニメ観からはちょっと離れた、この特殊な“アニメ”をアニメブロガーさん等、アニメに対して様々な意見をお持ちの方々が見て何を思われるのか、知りたい。

アート作品としてではなく、アニメとして見てみる。
現代アートは難解だとか意味分からないとか言われますが、私自身は楽しんでなんぼのもんだと思っています。

作品については、まだ体験してはいないので様々な映像を見た憶測でしかないのですが、
これは“見る”作品じゃなくて、“いる”あるいは“ある”作品ではなかろうかと。
アニメの作り出す空間に“いる”
自分のいる空間に、アニメが“ある”
そんな感じではないかと勝手に想像。

これ以上未体験の私が説明を弄しても意味はないと思いますので、映像や実際に行かれた方のレビューなど載せておきます。
個人的には記録映像等の2番目、 『束芋:oimo tabaimo -2003-』予告編が一番分かりやすいかと。

 横浜美術館「束芋-断面の世代」より
作品紹介
→束芋インタビュー映像(YouTube)


→展覧会に行かれた方のレビュー
「弐代目・青い日記帳」『束芋展』記事(2009.12.11)
美術系ブログとして知られる、Takさんのブログです。詳しいです。私の説明なんかよりはるかによく分かります。


記録映像等

『初芋:束芋1999-2000』(初の記録映像&作品映像集)
作品紹介
予告編

『束芋:oimo tabaimo -2003-』(記録映像第2弾)
作品紹介
予告編

『束芋:imo-la tabaimo -2007-』(記録映像第3弾)
作品紹介
予告編



一応普通(?)のアニメについてもごくごく簡単に。
もうほとんど好きかどうかという話です。

NHK「星新一ショートショート」より、『生活維持省』
またピンポイントに特殊、かも・・・(^ ^;
原作の感じがよく出ていると思います。
途中から展開が読めないこともないのですが(といっても5分もないような作品ですが)、最後の一言が・・・

『千と千尋の神隠し』『もののけ姫』
書くのをためらってしまう自分がいるのはなぜだろう・・・
ま、どっちも言い尽くされてきた感はあります。
ある程度スパン(数年)を空けて何度か見て欲しい作品、というところでしょうかね。
先日久しぶりに見て以前見たときとは全く違う感覚を持ったもので。
あくまで個人的感覚ですが。

あと最近で言うと『獣の奏者エリン』かなぁ・・・
原作者とアニメ制作者がよく話し合って、アニメとして原作を改変するべきところは改変し、残すべきところは残して、全50話をまとめていたと思います。
原作者がアニメ監修の裏話を語る(『エリン こぼれ話――原作者のアニメ監修日誌――』)のも珍しいのでは?

以上です。長々と書いてしまいました。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あなたのお勧めアニメってなあに?

2010年初更新、もとい久々の更新でもあります。ネタもまだ無かったので、いつもラジオやアニメ評価企画でもお世話になっているピッコロさんの新たな企画に参加してみようと思います。前々からブログでも紹介記事を書くつもりだったのですが、結局お流れになって書かずにい...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは、いつもお世話になっています。ピッコロでございます。

この度は「あなたのお勧めアニメってなあに?」の企画に参加して頂きありがとうございました。記事の方はネットラジオの方で読ませていただきました。

現在、私のブログでブロガーさんから頂いた記事に対して言及コメントを書かせてもらってますので、よろしければご覧になってください。


束芋さんですか、凄いところを取り上げられましたね。私は知らなかったのですが、勉強になりました。もののけ姫は宮崎作品の中でも個人的には特に好きです。「ある程度スパン(数年)を空けて何度か見て欲しい作品」というのは同意。本当に久しぶりに見るとまた印象が変わるのですよね・・・。

ありがとうございます!

記事、おとといさっそく読ませていただきました。収録されたラジオの方も。
リアルタイムでは聞けなかったので・・・

自分で思ったのですが、読み上げての紹介はしにくい記事でしたね・・・m(_ _)m
でもみなさんご存じなかったようで、ちょっとうれしかったv
紹介してよかったです。まあいずれ紹介しようとは思っていたんですが。
あ、国立国際美術館は大阪・中之島です。

最終的には、これはアートだから、とかこれはアニメだからとかいう枠を取り払って見られるようになればなあ、などと思ってます。

それから星新一ショートショートはアニメだけじゃなく実写や人形劇的なのもあったのでシリーズ全体としてはアニメと言い切れないんです。だからご存じなくてもまあ当然かと。
以前ちょこっと書いたのでもしよかったら。
→「『星新一ショートショート 新春SP』を観た」http://kyotomocchi.blog69.fc2.com/blog-entry-50.html
掲示板の方で「イミフだった」という意見があったようですが、文字情報(=原作)だと分かることがアニメだと伝わらなかったのかもしれないですね。原作読んでなかったらよく分からない部分もきっとあったでしょう。でも、原作も“示唆するだけしておいて最後まで言わない”作品が多いですからそこのところの想像力を要求されるのは変わらないのでは?と思ったり。
プロフィール

もちぃに

Author:もちぃに
生まれて四半世紀が迫りくる中、ますます迷走の度を深めつつある1人の男。
(2010/4/24日追加)
みなと水門(↑)およびその撤去計画をより多くの人に知ってもらう方法を模索中。
(2010/9/10日追加)
ツイッターはじめました!
mochiini
(メニュー下方に表示欄あります)

コメント→お気軽にどうぞ。昔の記事でもどうぞ遠慮なく。(むしろほとんど見てくれてる人がいなかった初期の記事にいただけるとうれしいかも)
トラックバック→内容的にできるかは分かりませんが(^ ^;できそうだったらご自由に。
リンク→どうぞどうぞ。こっちからのリンクも勝手にしてますので。(一応リンク欄のリンク先は紹介記事を書いてます)

はやぶさ・あかつき・イカロス
JAXAのサイトへリンクしています
はやぶさ、地球へ~帰還カウントダウン~特設サイト 2010/06/13、7年もの旅を終えて地球に帰還。
おかえり、はやぶさ!
(2010/06/15)
帰還からまもなく1周年!

あかつき・イカロス、
旅立ち1周年おめでとう!
(2011/06/05)

金星探査機「あかつき」
「あかつき」バナー(あかつきくん&きんせいちゃん)

小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」
「IKAROS」バナー
参加しました!
mio 参加させていただきました!
(2010/02/26)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
今までに来てくれた人々
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
ついったー
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。