スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローズアップ現代 No.2826「故郷に“美少女”が来た」を見た

今日、クローズアップ現代を見ました。
内容はタイトルの通り、美少女キャラクターによる町おこしをしている秋田県羽後町のことだったわけですが、

羽後に行ってみたくなっちゃうじゃないか!(笑

この取り組み自体は前から知ってたんですが、ついにここまで来たか(いい意味で)という感じでした。
私個人としては、こうして取り上げられて広く知られることはいいと思うのですが、
クローズアップ現代という番組としてはどうだったんでしょう?なんとなく、慣れていないというかちょっといつもと違う感じがしたんですけど・・
なんつうか、視聴者が戸惑うことを前提に、変に気を遣っていたような・・・気がするのは私だけ?

国谷さん!美少女キャラクターによる町おこしって言うところでなぜ半笑いだったのですか!?

スタジオゲストは河直美さん(映画監督)だったんですが、地方を拠点に映画作りを通して町おこし的なことをされているということで呼ばれたのでしょうが、ちょっと微妙じゃない?
していることは結果的に似たものになってるかもしれないですけど、考え方とかジャンル?とか違うんじゃ

ま、言われたことは至極まっとうだと思います。
このブームをどうやって本当に継続的な取り組みにしていくか、とか。
本当に町の人たちが諸手を挙げて応援しているのか、とか。

でも、そういうこと考えると、今日のVTRではちょっと物足りない。
私としては、羽後町のこうした取り組みが今後も続いて欲しいですが。
終わっちゃったら行く理由がなくなりますからね(ぇ

で、番組では、美少女キャラクターによる町おこしを通じて若者が町に誇りを持てるようになったとか、町の魅力が再発見されたとかいう感じでまとめられていたんですが、
本当にそうなんですかね?

若者が町に誇りを持てるようになった多くの若者が外から町に来るようになっている、と言っても、その“若者”のほとんどは大人ですよね。
え?意味が分からない?
何が言いたいかというと、今私もこの”若者”ってやつで、美少女キャラクターも、それを使った羽後町の取り組みも肯定…というか行きたいって言っちゃったし結構好きなんですが、中学生や高校生のころの私だったらどうだったのかなと思うわけです。間違いなく、表面上は否定していたでしょうね。
萌え?はぁ?なんだそりゃ?わけわからねぇって感じで。
だから若者って言っても中には美少女キャラクターで町おこしをすることがむしろ恥ずかしいと思う人もいると思うのです。
実際のところどうなんでしょう?気になります。

それから、聖地巡礼(NHKで“聖地巡礼”がこの意味で使われるのを見ようとはwww)と称して羽後町を訪れる若者が増えているということについてなんですけど、
基本的に巡礼者ってあまりお金落として行かないですよね。
羽後町の場合はそこんとこうまくやっていると思いますが。
そうやって来た人が、VTRで出てきた人みたいに町そのものの魅力にまで目を向けるようになってくれればいいんでしょうけど、これがなかなか・・・


それからもう一つ思ったこと。
これは鞆の浦の埋め立て差し止めのニュースを見たときにも思ったんですが、
羽後町のように魅力がありながらもそれらが人知れず失われている状況ってのは全国どこにでも存在していると思うのです。
何も羽後町だけが特別なんじゃない。
探せばあるもんなのに見慣れすぎて見えてない
そう思います。
我が地元のみなと水門なんて最たる例ですよ・・・町の風景として多くの人が潜在的に認識していると思うんですけど

見慣れすぎて逆に気づかない魅力を、エセ外国人的視点から見ることで発見する・・・
そのための手段として、美少女キャラクターというのはインパクトがあっていいアイデアだったのでしょう。
現にこれだけ知られることになったわけですから。


長くなったし、なんだかグダグダになってきたんでこのくらいにしときます。
最後に一言。

びんちょうタンかわいい(^ ^
VTRにチラッと出てきてうれしくなったわたくしです。
ある意味ローカル(美少女)キャラの代表的存在ですよね。
ちなみに私、ねんどろいどで唯一持ってるのが、びんちょうタン
癒されます~

おわり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もちぃに

Author:もちぃに
生まれて四半世紀が迫りくる中、ますます迷走の度を深めつつある1人の男。
(2010/4/24日追加)
みなと水門(↑)およびその撤去計画をより多くの人に知ってもらう方法を模索中。
(2010/9/10日追加)
ツイッターはじめました!
mochiini
(メニュー下方に表示欄あります)

コメント→お気軽にどうぞ。昔の記事でもどうぞ遠慮なく。(むしろほとんど見てくれてる人がいなかった初期の記事にいただけるとうれしいかも)
トラックバック→内容的にできるかは分かりませんが(^ ^;できそうだったらご自由に。
リンク→どうぞどうぞ。こっちからのリンクも勝手にしてますので。(一応リンク欄のリンク先は紹介記事を書いてます)

はやぶさ・あかつき・イカロス
JAXAのサイトへリンクしています
はやぶさ、地球へ~帰還カウントダウン~特設サイト 2010/06/13、7年もの旅を終えて地球に帰還。
おかえり、はやぶさ!
(2010/06/15)
帰還からまもなく1周年!

あかつき・イカロス、
旅立ち1周年おめでとう!
(2011/06/05)

金星探査機「あかつき」
「あかつき」バナー(あかつきくん&きんせいちゃん)

小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」
「IKAROS」バナー
参加しました!
mio 参加させていただきました!
(2010/02/26)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
今までに来てくれた人々
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
ついったー
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。