スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『マイ・フェイバリット―とある美術の検索目録/所蔵作品から』Part2

※この記事は『マイ・フェイバリット―とある美術の検索目録/所蔵作品から』Part1の続きです。お読みになっていない方は先にそちらをお読み下さいませ。


ところで、この記事書くために展覧会のホームページを見たら、図録に収められた論文がありまして、

!!!

思いきり吹いたのでちょっと紹介します。

長いので読むのが面倒な方は読み飛ばしてもらっていいです。
読んで欲しいところはそれなりに強調しますので。

公式ページより一部抜粋 ※強調、文字色等は私によります。
(全文読みたい方は公式ページ「とある種別の検索目録、あるいは【その他】への誘い」でどうぞ)
とある種別の検索目録、あるいは【その他】への誘い

以下は京都国立近代美術館・所蔵作品目録VIII兼「マイ・フェイバリット——とある美術の検索目録/所蔵作品から」展覧会カタログの巻頭に収録した序文です。


国立近代美術館京都分館(1963年発足)から京都国立近代美術館となった1967年、わずか4点の美術作品と223点の工芸作品から開始された当館の収蔵品は、2010年3月の時点で、約1万点に迫る大きなものに成長しました※1。
その生い立ちを啓蒙主義の時代まで遡ることのできる博物館、その発展的一形態として定義される美術館および「近代美術館」では、作品・資料の収集と蓄積、そしてその分類と整理・系統化が重要かつ基本的な作業であることは言うまでもありません。(中略)
しかし細分化されている当館の分類群※2の中に、【その他】(Non-Category)という謎めいた分類種別が存在することはあまり知られていません※3。(中略)種別【その他】には、収蔵時点で美術作品として広く認知されているとは言い難かったもの、複数の技法を駆使するもの、明白に分野横断的な問題を志向しているものなど、分野や技法が重層的に重なる作品・資料が多く分類されており、当館の種別【その他】は、私たちが近・現代の美術表現の多様さを理解する上でとても有益な手掛かりを提供してくれます。
ではなぜ、美術館の専門性を棚上げするかのような【その他】という種別が必要なのでしょうか。種別【その他】が設けられたのは、複数の技法を用いる作品・資料が増加し、技法別分類の困難さが増してきたことだけが理由ではありません。この図録巻末の「種別【その他】登録作品」を通観していただければ、それらの多くが、一般的に了解されている種別(名詞)に収まりきれない「別の何か」であることが分かります。言い換えればこれらは、安定的な分類種別(美術館の常用名詞)から排除された一群であるという側面があります。当館の先輩諸氏が、分類困難な作品群に常套的な名詞を与えることをためらい、曖昧なまま残すことを選んだことは、きわめて自覚的で積極的選択であったと理解することができます。それは曖昧さの中に含まれる可能性を惜しみ愛したことであり、当館の歴史は、曖昧な「別の何か」をそのまま残すことをも、その使命の一つとしてきたと言うことができます。
(中略)際限のないタイトル・タグ化の流れの中で、当館の種別【その他】は、固定化ではなく変化の可能性を孕む、一時避難の場所としてさらなる積極的意義を見出しつつあります。(中略)
近代美術館という制度が編纂してきた、「近代美術史」というメタ物語が、20世紀の偉大な文化的成果であることは間違いありません。しかし、種別【その他】の作品・資料群が他種別の作品との意外な関係を結ぶとき、今まで私たちが気付かなかった、「近代美術史とは別の物語」を語り始めることがあります。(中略)種別【その他】の検索にはキーワードではなく、「より非言語的で身体的な何か」でアクセスすることが有効かもしれません。現時点ではその何かを、美術館が普遍性のある指示書として提供することはできません。今回の展覧会のタイトルに「マイ・フェイバリット」※5という、一人称+極めて主観的な言葉を用いた理由は、「何か」の発見は一人一人の意志と営為に依存するしかないという思いが込められています。
本展図録は、できるだけ忠実に会場構成を再現するレイアウトを目指しています。図版の配列は、種別【その他】の作品群とそれらと親密な関係にある他種別の所蔵作品と資料とを合わせ約300点を展示する本展を解読するための重層的な検索目録であると同時に、鑑賞者や読者が、近代美術史とは別の、「とある美術」の物語を発見するための検索目録となることをも目指しています※6。この展覧会を機会に、2010年3月23日現在の種別【その他】の全目録を付けた本図録を、京都国立近代美術館・所蔵作品目録VIIIとして刊行します。

2010年3月
京都国立近代美術館・学芸課長
河本信治



※1 (省略)
※3 2010年3月末での種別【その他】の登録は317件。
※4 (省略)
※5 本展のタイトル「マイ・フェイバリット——とある美術の検索目録/所蔵作品から」の副題は、電子辞書リーダース英和辞典でIndexの訳として「蔵書目録」と同時に「禁止物リスト」とが表示される事実の「発見」と、若者の間で人気のノベル+コミックのタイトルをデュシャン的手法で「発見」した結果として生まれました。
※6 「とある美術の物語の発見」は、近代美術史編纂の過程で排除されてきた曖昧な物語を復活させる危険を含みます。

(;゚Д゚)

ゴシゴシ

・・・・

堂々と認めてる!!Σ( ̄ロ ̄lll)

注釈がwww

「『とある美術の物語の発見』は、近代美術史編纂の過程で排除されてきた曖昧な物語を復活させる危険を含みます。」

いいぞ!京都国立近代美術館!!
やってくれるじゃないか!大笑いしたぞ!

いいぞ!!京都国立近代美術館!!!
(大事なことなので2回ww)
さすがだな!

半分以上名前に釣られて行った展覧会でしたが、いろいろ楽しませてもらいました。


当記事もそろそろ終わります。



最後になってアレですが、

実は禁書目録もレールガンもまともに見たことないということを告白して、当記事の結びにしておきます(ぇ


<追記(2010/10)>
どちらも見ました!禁書のほうは原作もコミックスも読んでます(^ ^
散財・・・
スポンサーサイト

tag : とある○○の・・・ とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

もちぃに

Author:もちぃに
生まれて四半世紀が迫りくる中、ますます迷走の度を深めつつある1人の男。
(2010/4/24日追加)
みなと水門(↑)およびその撤去計画をより多くの人に知ってもらう方法を模索中。
(2010/9/10日追加)
ツイッターはじめました!
mochiini
(メニュー下方に表示欄あります)

コメント→お気軽にどうぞ。昔の記事でもどうぞ遠慮なく。(むしろほとんど見てくれてる人がいなかった初期の記事にいただけるとうれしいかも)
トラックバック→内容的にできるかは分かりませんが(^ ^;できそうだったらご自由に。
リンク→どうぞどうぞ。こっちからのリンクも勝手にしてますので。(一応リンク欄のリンク先は紹介記事を書いてます)

はやぶさ・あかつき・イカロス
JAXAのサイトへリンクしています
はやぶさ、地球へ~帰還カウントダウン~特設サイト 2010/06/13、7年もの旅を終えて地球に帰還。
おかえり、はやぶさ!
(2010/06/15)
帰還からまもなく1周年!

あかつき・イカロス、
旅立ち1周年おめでとう!
(2011/06/05)

金星探査機「あかつき」
「あかつき」バナー(あかつきくん&きんせいちゃん)

小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」
「IKAROS」バナー
参加しました!
mio 参加させていただきました!
(2010/02/26)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
今までに来てくれた人々
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
ついったー
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。